体脂肪低減作用

長期摂取試験

試験方法

BMI23以上の成人男女38名を対象に難消化性デキストリンを10g含有する茶飲料あるいはプラセボ飲料を1日3回、3ヵ月間、食事と共に摂取させました。摂取期間前後にCTスキャンにより内臓脂肪面積値および皮下脂肪面積値を測定し、変化を観察しました。

結果

代表例 試験開始前 難消化性デキストリン摂取3ヶ月後
試験開始前 摂取3ヵ月後 結果
全体内脂肪面積

試験開始前

486.8cm2

摂取3ヵ月後

337.9cm2

結果

-30.6%

内臓脂肪面積

試験開始前

273.4cm2

摂取3ヵ月後

152.9cm2

結果

-44.1%

皮下脂肪面積

試験開始前

213.4cm2

摂取3ヵ月後

185.0cm2

結果

-13.3%

ウエスト

試験開始前

105.1cm

摂取3ヵ月後

95.1cm

結果

-10cm

脂肪面積値の変化 内臓脂肪面積値 皮下脂肪面積値

難消化性デキストリンを
食事とともに摂り続けた結果、
内臓脂肪面積値が減少しました