希少糖とは

希少糖(レアシュガー)は、太古の昔から自然界に
存在し、近年その
機能性に注目が集まる糖です。

希少糖は、その名のとおり希少な糖。自然界に約50種類存在すると言われていますが、その総量は糖全体の1%にも満たない微量です。
しかし、近年、香川大学を中心に香川県を含む産学官連携での研究によって、希少糖の生産技術が確立され、食品素材としての開発が進んでいます。
中でも「プシコース(アルロース※)」と呼ばれる希少糖については、さまざまな機能性についての研究が進められていて、その成果が大きな注目を集めています。※海外ではアルロースと呼ばれています。

自然界の軸の存在比イメージ
ズイナ
ズイナという植物に、希少糖プシコースが含まれることが報告されていて、「不思議な希少糖の木」と呼ばれています。

希少糖含有シロップはプシコース等の希少糖を含んだ
優しい甘みのシロップです。

  • 1)特長

    • 自然由来の糖である
    • 体脂肪低減作用がある
    • 低GI甘味料である[GI値: 49]
    • 味質改善・マスキングの効果がある
    • スクラーゼ活性阻害作用がある
    • シロップ状で使いやすい

    ※GI(グリセミック・インデックス)とは炭水化物(糖質)を摂った時の血糖値の上昇度を示す指標

  • 2)原料

    ぶどう糖果糖液糖(異性化液糖)

  • 3)組成

    ぶどう糖・果糖を主成分に、
    希少糖を13 ~15%(固形物換算)含む

  • 4)甘味

    砂糖の90%(固形分換算)

  • 5)味質

    コクがありスッキリしている

  • 6)カロリー

    4kcal/g(固形分換算)

製造工程