もっともっと粘弾性の強い
冷麺や冷やし中華を作りたい!

夏に欠かせない冷麺や冷やし中華ですが、麺を冷やすと言うことは麺へのストレスを与えるということです。
粘弾性が強くつるみ感のある冷麺を作りたいというニーズは麺メーカーさんのテーマの一つです。
「こなみずき」を配合することで
美味しい麺を作りたいというニーズに応えることができます。

こなみずきを用いた際の効果

「こなみずき」によって粘弾性の強くつるみ感のある冷麺ができる理由は大きく2つあります。

理由 01

「こなみずき」がより低い温度で
糊化し始めること

理由 02

「こなみずき」が高いゲル形成能を
有すること

この「こなみずき」の特徴により、麺を茹でた際にしっかり膨潤してつるみ感を向上し、さらにその後冷やすことで麺の粘弾性が高まります。

こうして、これまでにない
美味しい冷麺、冷やし中華を
提供できるようになりました。
これはでん粉を使ったほんの一例です。
食品の改善・開発をお考えの方は、こちらからお気軽にお問合せ下さい!

お問合せ

他の応用例を見る