日常生活のエネルギー代謝において
脂肪消費しやすくする
プシコース(アルロース)

お問い合わせはこちら

こんな経験ありませんか?

美味しく低カロリー
食品を作りたい

味を損なわない
機能性素材を使いたい

砂糖以外で自然由来
素材を使いたい

が、
全て解決 します

0kcal
優れた味質
優れた機能性
しかも
自然由来素材

※プシコース(アルロース)の熱量

プシコース(アルロース)の特長

  • 特長

    自然界にわずかにしか存在しない希少糖

    アストレアはプシコース(アルロース)の高純度結晶品です。
    プシコース(アルロース)は自然界にわずかにしか存在しない約50種類の希少糖のひとつで、乾燥いちじくやレーズンにわずかに含まれています。
    当社では、天然の糖を原料として製品化しました。

    図説

    希少糖とは

    希少糖は、その名のとおり希少な糖。
    一般的なぶどう糖、果糖と異なり、自然界にわずかにしか存在しないと言われています。
    しかし、近年、香川大学を中心に香川県を含む産学官連携での研究によって、希少糖の生産技術が確立され、食品素材としての開発が進んでいます。
    中でも「プシコース」と呼ばれる希少糖については、さまざまな機能性についての研究が進められていて、その成果が大きな注目を集めています。
    また、プシコースは海外ではアルロースと呼ばれています。

  • 特長

    天然の糖なのに0kcal

    プシコース(アルロース)は0kcal/gです。
    食品に利用した際は、エネルギー換算係数に0kcal/gを使用することが可能です。

    2020年3月27日の食品表示基準改正による
    図説
  • 特長

    脂肪燃焼を促進する

    プシコース(アルロース)を摂取すると、安静時および軽度運動時において脂肪の燃焼が促進します。
    脂肪燃焼の促進は、体脂肪の低減につながります。

    ストレッチする女性

    軽度運動時における脂肪燃焼促進

    健常成人男性39名にプシコース(アルロース)5g あるいは高甘味度甘味料(プラセボ)を添加した飲料をそれぞれ摂取させた後、1時間の軽度運動(サイクリング)を行い、運動中の脂質酸化量を比較。
    その結果、 プシコース(アルロース)摂取群の脂質酸化量が増加。
    脂質酸化量の増加は、プシコース(アルロース)がエネルギー代謝において、脂肪を消費しやすくしている事を表す。

    脂質酸化量のグラフ
  • 特長

    美味しくて自然な味質

    プシコース(アルロース)の甘味度は砂糖の約70%。
    砂糖より甘味ピークは早く、清涼感とキレがあり、味質改善効果が期待できます。

    図説
  • 特長

    虫歯になりにくい

    プシコース(アルロース)は、口腔内の細菌に資化されて酸を産生することがないため、虫歯になりにくい糖です。

    歯磨きする人

アストレアを詳しく知りたい方はこちら

お問い合わせはこちら

アストレアのアプリケーション

  • 炭酸飲料

    優れた溶解性
    高甘味度甘味料の味質改善

  • プロテインドリンク
    エナジーバーなど

    プロテインや雑穀の臭いの抑制

  • 和菓子

    結晶化しにくい

  • 洋菓子

    しっとりとした食感

  • ジャム

    爽やかな甘さ

  • ソース

    コク感の向上

  • フルーツゼリー

    柑橘風味の向上

  • グミ

    ソフトな食感の付与

サンプル申し込みの流れ

  1. step1

    申し込み

    「お問い合わせはこちら」ボタンより申し込みフォーマットをご記入

  2. step2

    ご連絡

    担当者よりご連絡

  3. step3

    サンプル発送

    ご相談の上サンプルを送付

現在は、業務用サンプルのみのご提供となっております。ご家庭用にはお出しすることができませんのでご了承ください。

よくあるご質問

  • アストレアの使い方は?

    あらゆるアプリケーションに於いて一般的な甘味料の一部又は全量置き換えをお薦め致します。
    詳細はぜひお問合せ下さい。

  • 日本における食品ラベルへの記載方法は?

    原材料表示では「プシコース」、「アルロース」、「プシコース(希少糖)」、「アルロース(希少糖)」の4パターンでの記載が可能です。
    栄養成分表示では「炭水化物」として記載する必要があります。

  • エリスリトールと何が違う?

    プシコース(アルロース)はエリスリトールと比べ、溶解性が高いこと、再結晶性が低いことに加え、 様々な機能性が確認されています。

  • アストレアはどこで作られている?

    アストレアはメキシコの専用工場で生産されています。